ロサンゼルスの奇妙な新生活

12年間働いたピーチジョンのデザイナーを突然引退して渡米。片言以下の英語力で果たしてどうなる新生活⁉︎

<広告>

ダイエットの詳細(ジロー編)

<広告>

嫁の日記なのですが、一筆。

 

健康のため(長生きのため)「最低でも5キロ、出来過ぎの8キロを痩せたい」とねだった嫁の希望に応え、継続できるダイエットプランを考えた。

 

それが以下だ:

→就寝・起床時間(7時には起きて、11時には寝る)

本当は夜の10時には寝て、朝の6時が一番とされている。これは、お肌のケアでもよく聞くが、夜10時から朝の2時の間、体は1日の疲れを調整するためのメンテナンスを行うためだ。その間活動をしてしまうと体のメンテナンスが遅れ、十分に体が休めなくなってしまう。

→食生活のコントロール (1日5食、運動時は1800カロリー、非運動時は1600カロリー)

午前7時に野菜スムージー(150カロリー)

午前10時に大麦のパン (150カロリー)

正午にランチ (800カロリー) ※メニューは自由

午後3時にフルーツ (80カロリー以内 皮も食べることが必須)

午後7時に夕ご飯 (400カロリー、運動時は600カロリー)

午後9時には野菜スムージー (100カロリー)

 

新陳代謝にもよるが、通常に体を動かしていれば30分ごとに50〜70カロリー必要とするので、2時間おきに150カロリーほど摂取していれば胃は常にフル稼働の状態となり、新陳代謝もアップ、過剰摂取カロリーも取らずにいられるカラクリなのだ。

 

→夜ご飯や間食には極力小麦粉(パスタ、パン、うどん)やお米類を避けること。

(小麦を一切使用していない大麦のパンはOK、玄米などもOK、また、6割以上そば粉を使用しているお蕎麦の場合もOK。十割が理想)

 

→運動

運動は仕事などあると夜にしがちだが、胃が空っぽの状態で運動することが必須。

胃にものが入って運動すると、結局摂取したカロリーを優先的に消費してしまい、体重維持にはもってこいだが、痩せることはない。

午後9時を最後に口にしたため、朝の7時ごろは胃腸はほぼ空の状態。その時運動をすると溜め込んだ脂肪を消費するのだ。

 

と、いいつつも10分や20分の運動では燃えませんので、最低でも40分の運動は必須です。途中空腹のためクラクラすることがあると思いますが、これは体が「エネルギー切れだよ」って言っている証拠。そこでさらに運動することにより、非常電源(溜め込んだ脂肪)の消耗を開始するのである。するとどうだろう、体が脂肪を燃やし始めるとみるみるエネルギーが込み上がってきます。クラクラしても続ける。これが痩せるために一番大事なポイント。(さらにハードに運動するともう一度クラクラが来ますが、続行。3度目のクラクラではストップ)

 

ちなみに自分が1月8キロ痩せた時は、運動は土曜日のみでした。(6時から山にハイキングに行き、パワーウォークで1時間ほど。消費カロリーは1500カロリーほどです) ランニングやジョギングより、一番消費カロリー及びきついのが実はこのパワーウォーク(競歩)。個人差はあるが、平地なら時速10キロ、登りなら時速8キロで歩くとかなりのカロリーが消費可能。

 

→お酒など、水分の摂取

ビールやあま〜いカクテルを除けばお酒は決してカロリーの高いものではない。しかし、「お酒を飲むと太る」という一般知識はどこから来るのか?

 

それはおつまみです。以前も嫁の日記↓

asamichandayo.hatenablog.com

でも紹介したが液体と食べ物は消化を促進させ太る原因となる。

 

よって、ワイン好きの嫁には食前・食後15分はお酒・飲み物を禁止しています。

 

→毎日欠かさずの体幹トレーニング

これは自分にとっては今回初の試みですが、いくら体重が減ってもお腹がぽっちゃりしてたら嫌ですよね?かっこいいお腹を作るためにはまず、腹筋を鍛える必要がある。もしお腹がぽっちゃり出てたり、プルプルしているとすれば、それは腹筋が無い証拠だ。

ユーチューブなどで検索すればでてきますが、この人の紹介している体幹トレーニングは

www.youtube.com

ほんの30秒の運動を7個(3分30秒)の運動を毎日続けるだけで良いので、ハードルが低くておすすめ。他にも色々あると思うが、まずは簡単なものからとにかく毎日することを勧める。

 

嫁にもよく言われるが、話が本当に長くなってしまった。

最後まで読んでいただいた方には感謝。ぜひ試してみてください。

 

なお、上記はジロペディア参照のため、信ぴょう性は60%です。