ロサンゼルスの奇妙な新生活

12年間働いたピーチジョンのデザイナーを突然引退して渡米。片言以下の英語力で果たしてどうなる新生活⁉︎

<広告>

移住47日目 お祓い

<広告>

ここのところ、

背中、肩、首の凝りからの頭痛、胃痛と嘔吐…と体調が悪い私に、ジローが

 

「あさみ、もしかしてお化けに取り憑かれちゃったのかな…」

 

あさみ:「え? ( ゚д゚)  」

 

ジロー:「お祓いしてあげよっか!」

 

あさみ:「え??

出来るの?(゚д゚lll)」

 

さすがいい大学出てると何でも出来るんだなぁ

と感心しつつ(笑)お祓いして貰うことに。

 

 

その儀式は、昨日深夜にはじまった…

お風呂に入って来るようにという指示のもと、

心の声『あ、なるほどね、アメリカでも身体を清めるとか同じなのかな』

と思いながらお風呂に入って出て来ると。。。

 

部屋の窓を全て閉めるジロー。

 

心の声『まさか(゚д゚lll)大声で悪霊退散!!とか叫びだしたらどうしよう💦」

 

この辺りから、ガキ使の笑ってはいけないシリーズの気持ちが込み上げてくる…

しかし、いたって真面目に私から悪霊を退散させようと頑張ってくれてるジローに悪いので、笑いをこらえ頑張る私。

 

ジロー:「日本の方角を向いてそこに座って、瞑想して!」

あさみ:「あ、はい…」

 f:id:asamichandayo:20170621050150j:image

*1

 

 

キッチンに何かを取りに行くジロー。

醤油のお皿3つに、

「聖水」

と言いながらミネラルウォーターを入れて来てw私の周りに置いた。

 f:id:asamichandayo:20170621051612j:image

最後に、日本の方角に何か儀式に使うようなお皿……

 f:id:asamichandayo:20170621051627j:image

え?! (゚Д゚) こ…これは!

 

私のご飯茶碗!!

f:id:asamichandayo:20170621051646j:image 

 

これに、清酒ではなく、これを入れて来た。

 f:id:asamichandayo:20170621051717j:image

 

このあたりから、

何をされるのか恐ろしいような、笑ってはいけない気持ちと、変な緊張で、何とも言えない、居ても立っても居られないようなザワザワした気持ちになる。

 

 

またキッチンに戻り何かを探すジロー。

((((;゚Д゚)))))))

 

キッチンから、

チーン! とか、カーン!とか何か試めしながら物色する音が聞こえる…

 

心の声『まさか…鍋とか叩きながら変な儀式するのか?!もうやめてーーー🤣』

 

と思いながらも何とか声を潜めて笑いながら待つ。

 

帰って来たジローが手に持っていたものは…

 

 f:id:asamichandayo:20170621051822j:image

 

🤣🤣🤣🤣

申し訳ないけど、もう我慢の限界🤣(爆笑

 

ジロー:「あさみがちゃんとリラックスして瞑想しないと始まらないから!💢 はい、深呼吸して!」

あさみ:「ご…ゴメン…でも…🤣」

 

真面目にやろうとしてくれているジローの気持ちに応えようと、笑いをこらえ(られてなかったけど)呼吸困難だか深呼吸だか分からない呼吸で瞑想のポーズ。

 

すると、暗闇の中、私の頭の上で

チーン!

 f:id:asamichandayo:20170621051822j:image

そんなの笑わずにはいられないよね(//∇//)

チーンっていい音が鳴る時もあれば、カチンッ!とか、ただのステンレスボウルとしか思えない音とか出すし😆

 

その儀式を、呼吸困難のまま終えると

今度はお酒をライターで炙り始めた…

 

心の声『これは?

火を点けようとしているのか??

これは1ヶ月以上前にあけたウォッカだし点かないと思うぞ〜』

 

と思いながらしばらく見ていると、

諦めたのか、また後ろに回ってチーン!ってやり始めたw

 

心の声『火は諦めたのか…?』

 

 

また呼吸困難のままチーンな儀式受ける。

 

しばらくすると、

再度お酒を火で炙りはじめる。

 

心の声『だから、点かないと思うぞ〜(^_^;)』

 

あさみ:「火、点かないね😏」

ジロー:「火つけてるんじゃないの、匂いを出してるの」

 

 

ジロー:「あのね、あさみの中に悪霊は居なかったみたい」

 

と言いながら、投げやりに、

以前私が買って来たセージスプレー(オーラを浄化すると言われている)

f:id:asamichandayo:20170621060507j:image

を手にとって

私にシュッシュッと吹きかけ、儀式の道具を片付け始めたジロー。

 

心の声『うわっ、諦めやがった🤦‍♀️』

 

何だかよく分からなかったけど、

笑い過ぎて腹筋ついたと思うし。

改めて、愛おしい人だなぁと思った出来事でした(笑)

 

 

*1:※儀式の撮影は断られたので、以下全て再現写真です。