ロサンゼルスの奇妙な新生活

12年間働いたピーチジョンのデザイナーを突然引退して渡米。片言以下の英語力で果たしてどうなる新生活⁉︎

<広告>

移住64日目 入籍した

<広告>

今朝は、朝イチで市役所で入籍のセレモニーだった。

 

そもそも日本では、紙を出して入籍完了なのにセレモニーとかいうやつを、しかも市役所でやらないといけないという事にビックリ‼️

神父さん?と「誓います」みたいのをやらないといけないらしい。

 

朝8:30出発に向け

白いワンピース着て、一応髪とお化粧もしっかりして行かないとと思い昨夜は早めに就寝…

のはずだった…

 

ベッドの中でいつも通り2人とも携帯ゲームをしていた。

あさみ:「じゃ、明日は早起きだしそろそろ寝よう」

ジロー:「そうだね、じゃおやすみ😴」

ジロー:「そう言えばね、明日こういうのやらないといけないの。きちんと言えるまで何度でもやらされて、無理なら入籍のセレモニー打ち切られちゃうの。」

と、youtubeを見せてきた。

 

 https://www.youtube.com/watch?v=rRduWJcaoCw&sns=em

 

あさみ:「は??(°_°) 知らない言葉ばっかじゃん、全く聞き取れないよ?」

 

心の声:『あのさ、

短く区切った神父さんの言葉を繰り返すだけじゃんと思うでしょ。

2〜3単語くらいずつ区切ってくれるから って思うでしょ

私にとっては2〜3単語じゃなくて

なんの脈略もないカタカナ10文字とかを一瞬で覚えて繰り返さなきゃいけない訳よ!!

じゃ、なにかい?

私がランダムなカタカナ10文字言うから覚えて繰り返せるかい?』

 

あさみ:「なんでこんな深夜にそんな告白して来るのよー(涙) 私、言葉の問題で昨日警察に3時間も拘束されて、ハートがボロボロなのになんで今頃言ってくるのー!」

 

そんなあり得ない流れで、深夜1時から猛特訓する事に💧

 

あさみ:「え、グルームってなに💢❗️」

ジロー:「んーじゃぁ、お嫁さんは英語でなんて言う?」

あさみ:「知らない」

ジロー:「知らない訳無いじゃん!真面目にやってよ!結婚式で女の子がお揃いのドレス着てるのなんて言う?」

あさみ「なにそれ?結婚式でお揃いのドレスなんて着るわけないじゃん!」

ジロー「知ってるくせに知らない知らない言うのやめてよ!見た事ない訳無いじゃん」

あさみ:「コチトラ40年間で何十回という結婚式出たけどそんな人1人もいないわっ!新郎新婦を英語で言える日本人なんてほとんど居ないから!」

ジロー:「ブライドでしょ!!!」

あさみ:「ブライドって結婚式の事じゃ無いんかい!!だいたいこんな時間に…‰∃¥▽$o(`ω´ )o 」

 

と、深夜に不毛な1、2時間を過ごし

とにかく聞いて繰り返すのは無理だということが分かり、

もう明日のセレモニーは体調不良という事で延期してもらって諦めようという話にまでなったものの

当日あり得そうな例文をネットで探して、ジローが文字にして私が暗記する事に。

I do solemnly declare that I know not of any lawful impediment why I Asami Kobayashi may not be joined in matrimony to Jiro Wayama.

簡易化バージョン

I declare that I know of no legal reason why I Asami Kobayashi may not be joined in marriage to Jiro Wayama

誓いの言葉は " I do"だけ

指輪交換

I, Asami Kobayashi, take Jiro Wayama, to be my husband.
To have and to hold, in sickness and in health, for richer or for poorer, and I promise my love to you.
With this ring I thee wed

別バージョン

_______, I take you to be my lawfully wedded husband/wife.
Before these witnesses I vow to love you and care for you
as long as we both shall live.
I take you, with all your faults and strengths,
as I offer myself to you
with all my faults and strengths.
I will help you when you need help, and
turn to you when I need help.
I choose you as the person with whom I will spend my life.
Sent from my iPhone

↑パニクってアイフォーンから送信 まで覚えたわ。

 

I, (自分の名前)、take you (相手の名前) to be my wedded husband,

to have and to hold,

from this day forwards,

for better or for worse,

for richer or for poorer,

in sickness and in health,

to love and to cherish,

til death do us apart. 

 

文字で見てから聞くとだいぶ耳に入ってくるもんで、明け方5時まで特訓してやっと一休みする事に。

 

 

 

朝…

ふと目覚めて時計を見ると‼️‼️

8:30!?

あさみ:「ジローーーー!!!

8:30に出ないと間に合わないんじゃなかったっけ❗️」

ジロー:「ヤバーイ」

 

あわてて、髪は一つ結び!

クローゼットの白い服を掴んで着て

化粧は車の中でいいや!

 

8:45

台所で何かをするジロー。

あさみ:「ジロー!出るよ!なにやってるの?!」

ジロー:「スムージーだけ作って車で飲もうかと思っ………たんだけど…(あさみ睨み)無理だよね」

 

 

 

ナンナンダ…

 

 

 

幸いにも空港近くに向かう道が過去最も空いていて間に合ったけど、

もちろんオチは

 

練習したセリフが

I thee wed

しか出なかった💧